酔ったときの異常に盛り上がりが高まる事柄はノアが本場だった

旧約聖典に記されているノアの容器舟は、パーソンがいよいよ犯した間違いに怒った女神が大洪水を起こして世界中のすべての生物を絶滅しょうとしますが、女神はノアに舟を出し乗せれば、すべての鳥獣とノアの身内を支える(許す)と言いました。

ノアが作った舟は長さ約135m高低約23m高さ約14mの木造三階層建ての方形やり方の舟で(鮮やか客船タイタニック号位のがたい)、こいつに身内8お客様とその妻子と食事にすべての鳥獣をオスと牝両者(つがい)として乗せて船出しました。

それから年間後にノアの身内とアニマルは滅亡のリスキーから生き残ることができ、地上の水が引いて山中の頂きが思え取り掛かりから、容器舟から身内とアニマルと下船をします。

ノアたちはトルコ東部のアララット山中(現在のトルコとアルメニアの間に起こるコーカサス山脈の山の上)にたどり着きます。

とある深夜ヤギが毎晩、何処かに出掛け、浮かれて上機嫌になって帰ることを分かり、後をつけてみるとヤギはブドウの実が落ちて発酵した物品食べていました。

これが、ワインの出現です

先、ノアはアララット山中の麓にドウ畑を吐出し、生産し収量を通じてワインという飲物を作りました。

ノアは、そのワインの利点に夢中になっていきます。

ノアのその品行に怒った災厄の女神サターンは、そのブドウの樹を枯らせてしまいますがノアの損害振りを見て7バラエティーの鳥獣を生け贄として、その血液をブドウの木の根元に注げばブドウの樹はよみがえるだろうと話します。

そうして、その通りにすると、ブドウの樹は豊かな実をもっと結ぶようになりました。

その生け贄の鳥獣は“ライオン”(向こう見ずで激しい)と“トラ”(やっぱり荒くれ)に“クマ“(力まかせ)、イヌ(けんか速い)、雄鶏(騒々しい)、キツネ(悪知恵が働く)そうしてカササギ(チャット)たちでした。

お酒を呑み過ぎると、この時生け贄にされた7根底のアニマルの様になると言われています。

聖典でいう我々のごおじいさん、ノアのせいで私たちは酩酊した時に興奮が上がって気恥ずかしい持ち味をさらしてしまうのでしょうか。

このことを教訓とするために第16フィーローマ法王はミケランジェロにバチカンのシスティナ礼拝堂にノアが犯した過ちの図版、「ノアの酩酊」を4世代の歳月をかけて書かせました。美味しい毛蟹の通販サイトはこちら

酔ったときの異常に盛り上がりが高まる事柄はノアが本場だった