相場を指しない株式舵取り術いつでも割合は半々

株式投機といえば、株価が上がりそうな品名を買えば得するわけだが、これが至極耐え難い。ただし、将来の株価変化を指しなくても高確率で利益を得る投機法が存在する。

投機資金がたとえば100万円だとすれば、そのうちの50%を株式に、50%を資金のまま保有する。株式は各自株でも嬉しいし、投機属託も宜しい。率をベッタリ50%にするために、せめて一種は投機属託として保有する。

仮に、株式のうま味が10%下落し45万円になったとする。資金は50万円のままなので、投機源は95万円。その50%、475,000円を株式として持つ。そのために、25,000円分の株式を追加購入する。こんな小刻みな扱いは投機属託の方がやりやすい。
この時点で、株式475,000円、資金475,000円。

後々、株価が回復し、11.1%上昇したとする。株価は元に戻ったについてだ。(45万円から11.1%伸びすれば499,950円)
保有している475,000円が11.1%伸びすれば527,725円になる。資金475,000円と合わせれば、投機源は1,002,725円になる。
この段階で、投機源の50%は501,362円。株式を26,363円売却する必要がある。

株価が下がって、また同じくらいに回復する過程で、2,725円の利益を得ることができる。株価は上がったり下がったり始めるものであり、何も考えなくても、安く買って厳しく譲るを実現することができる。宇都宮で脱毛するのに安いサロンまとめ

相場を指しない株式舵取り術いつでも割合は半々